日中児童交流協会会則

1条 名称

本会は、「日中児童交流協会」と称する。

 

2条 目的

本会は、日中間の児童友好関係に関する交流活動について協力体制を組織し、

国内及び海外における交流を行い、以って日中両国児童の相互理解と往来の

向上に寄与することを目的とする。

 

3条 事業

本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

・教育サポート事業(学校に行けない児童への支援、学校建設支援

・小学生訪日団への支援(中国小学生の日本でのホームステイ及び小学校験入学への支援)

・中国留学の紹介・推薦、外務省派遣の高校生交流・青年交流の推薦

・小中学校における異文化交流の授業に留学生の派遣

・日本語会話講習会の開催(中国における小中学生向け講習会等の開催)

・児童訪日団経験者等の相互親睦および当会活動への理解・協力の促進

・訪中交流活動への支援(当会会員および活動協力者の訪中を支援し、当会活動への理解を深める)

・会報発行などの広報活動および会員相互の親睦・啓発活動

・修学旅行等を通じた、定期的な日中間の児童訪問

・子供テレビ番組の制作及び児童に関する新聞紙の編集に関連した、日中間媒体の訪問交流

・活動関係者の懇親交流

(上記の各種活動を円滑に行うための、中国側協力者および関係者との懇親交流)

・その他日中児童の交流あるいは相互理解に資する活動、およびその支援者を拡大するための活動

 

第4条           会員

1.本会の設立趣意に賛同し、入会しようとする個人或いは団体は、入会申書を会長に提出し、常任理事会の承認を得なければならない。

  2.常任理事会の承認後、入会金及び1年分の会費を納入した個人或いは団体を本会の会員とする。

3.退会は文書で申し出るものとし、入会金及び会費は返還しない。

 

5条 役員

本会に、次の役員を置く。

会長1名誉会長1理事若干名事務局長1

会計1名、監事1

 

6条 会員の構成

会長を含めた総会により議決する。

 

7条 役員の責任

  1.会長は本会の代表である。各事業の管理を行う。

    2.理事は会務を執行する。

  3.事務局長は事務を主宰する。

    4.監事は会計を監査する。

    5.名誉会長は自らの経験に基づき、積極的に会長を育て協会 の運営を維持、向上させる。

  

8条 会議

  1.総会は毎年1回開催する。会長が召集する。

  2.会長及び名誉会長が必要と認めた場合は、臨時総会を開催することができる。

  3.会長及び名誉会長は、随時理事会を開催することができる。

 

9条 会計

本会の経費は会員の会費、又はその他収入をもってこれに充てる

 

10条 会計年度

  本会の会計年度は、毎年4月1日に開始し、翌年の3月31日までとする。

 

11条 本細則の改廃は、理事会の承認を得るものとする。

 

 

設立年月日:2009年12月24日